ローコードとは?そのメリットと開発ツールの選び方について解説!

システム開発において、ローコード(Low-Code)という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

例えば最近テレビCMなどで見かけるKintoneキントーン)は、サイボウズ株式会社の運営するローコード開発ツールです。昨今、このローコードが下記のようなお悩みを解決してくれるとして、多くの企業に注目されています。

  • 自社に業務システムを導入したいけれど、費用や時間を考えるとなかなか踏み出せずにいる
  • システム開発には高度な専門知識が必要で敷居が高い

この記事では、そんな「ローコード」について、システム開発に初めて携わる方にもわかりやすくメリットとともに解説いたします。

「システムを短納期かつ低予算で作成したい」
ローコード開発に興味がある
目次

ローコードとは?

ローコードの説明スライド
図 ローコードとは?

ローコードとは、専門的なプログラミング技術をほとんど必要とせずに、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)と呼ばれるマウスや指を使った視覚的操作によりシステム構築できる開発手法のことです

ローコード開発ツールの中に予め用意されている機能パーツをドラッグするなどして組み合わせ、必要な機能を実装すれば良いため、開発にかかる時間を短縮し、費用を削減できることが特徴です。

機能パーツのほかにソースコードの記述による機能追加も可能なため、ソースコード記述を最小限に抑えながら、必要機能の実装が可能なシステム開発手法になります

ローコード開発のメリット

ローコード開発のメリットは下記のようになります。

ローコード開発のメリット紹介スライド
図 ローコード開発のメリット

時間短縮・費用削減が可能

従来の開発手法では、システム全体を一連の流れでテストする前に、一つ一つの機能を要件から固め、設計し、開発し、検証するというプロセスが必要になります。

一方で、ローコード開発の場合には、あらかじめツールの中に既に検証の終わった機能パーツが用意されているため、プロセスにおける設計・開発の工程にかかる時間を短縮することができます。

これによって個々の機能を開発するために必要となる高い技術力や工数不要になり、開発に掛かる時間も費用も削減できるというわけです。

また、サーバーなどのインフラ環境やセキュリティー対策はローコード開発ツールを提供するベンダーによって管理されているため、自社でインフラ環境を整えたりメンテンナンスを行う必要もありませんし、セキュリティー構築に掛ける時間も費用も削減することができます。

ユーザー目線での開発が可能

従来の開発技法では、高度な専門知識を有する開発人材が自社の業務に精通しているわけではないため、できあがってみたらユーザーにとっては使いにくいシステムになっていたという失敗も起こりがちです。

一方のローコード開発では、GUIでのシステム開発が可能なことから、業務担当者にとってもイメージがつきやすく操作もしやすいため、ユーザー目線の実用性のあるシステムを構築することが可能になります。

ニーズに迅速に対応できる

目まぐるしく変化するビジネス環境において、DX(デジタルトランスフォーメーション:先端技術を用いてビジネスを変革させること)の推進が求められる昨今、一度構築したシステムをより良いものへアップデートしたり、新しいビジネス要件に合わせて再構築するなど、臨機応変なシステム開発が必要になっています。

既存の機能パーツを組み合わせるローコード開発であれば、ニーズに応じた素早い修正が実現できたり、異なる業務システムへ応用して横展開するなど、これからのビジネスに求められる迅速なシステム開発が可能になります。

システム開発を内製化しやすい

ローコード開発では、ゼロベースで設計する従来の開発手法と比較して技術的なハードルが低いため、IT人材不足と言われている昨今の状況下でも開発に携わる人材を集めやすく、育成もしやすくなるため、システム開発を内製化したい企業にとってはメリットとなるでしょう。

システムの品質を確保できる

ローコード開発では、高度な技術力を必要としないことやテンプレート化された機能やデザインを持つパーツが存在するために、システムのある程度の品質を確保できることもメリットになります。

ローコード開発のデメリット

ここまでに記載してきた通り、近年多くの企業で注目を集めているこのローコードという開発手法にも、デメリットは存在します。

ローコード開発のデメリット紹介スライド
図 ローコード開発のデメリット
  • 既に用意されている機能パーツを利用するため、思い通りのオリジナル仕様やオリジナルデザインに仕上げることはできません
  • 従来のような高いプログラミングスキルは不要であるものの、ツール毎に異なる使い方を習得する必要があります
  • 動的な機能を有するシステムや大規模なシステムの開発には不向きである
  • 動的な機能を有するシステムや大規模なシステムの開発には不向きである

ローコード開発の流れを5ステップで紹介

ローコード開発での流れは、従来手法と比べどのような違いや利点があるのか紹介していきます。

ローコード開発の流れ紹介スライド
図 ローコード開発の流れ

開発自体の流れは従来手法と変わらず、以下の5ステップで開発が行われますがいくつかのステップでローコード開発ならではの恩恵が存在します。それらの紹介も下記で行っていきます!

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発
  4. テスト
  5. 運用・保守

Step1. 要件定義

どのようなシステムを必要としているか、そのシステムを成すためにどのような機能や性能が必要になるかを定義するステップになります。

ここでの定義がその後の工程の指針となりますので、非常に重要なステップとなります。開発手法次第では後戻りできない場合があるので入念な検討と精査が必要になります。

Step2. 設計

要件定義をもとにシステムの設計作業を行うステップになります。

設計範囲は広く、ハードやデータベースの設計、開発詳細設計などを行います。このステップは多くのドキュメントを必要とし、開発工程ではドキュメントの共有内容を軸に作業を行います。

ローコード開発では、この設計内容が可視的に記録することが可能になります。よって設計関連のドキュメントを削減することが可能になるだけでなく、設計内容共有での齟齬などが減り、設計イメージの共有などに役立ちます。

Step3. 開発

設計ステップで作成したドキュメントをもとにプログラムを作成し機能開発を行うステップです。

設計書のコーディング基準に基づき、プログラムを作成するステップでコードのレビューやデバッグを行います。複雑な機能をプログラムすると不整合が生じたり、多くの時間がかかったりとプログラマーの技術に依存する難しいステップになります。

ローコード開発では機能の品質確保と作業時間削減が可能になります。

ローコードでは機能ツールとして汎用的な機能がすでに用意されています。これにより、下記の恩恵が受けられます。

  • 実装機能の品質担保
  • 本来かかるはずだったコーディング開発時間の削減

Step4. テスト

設計書どおりに動作するか、バグは発生しないかの確認を行うステップです。

コード1行ごとのテストやモジュール等をつなぐ結合テスト、利用ケースを想定した総合テストなど多くのテストが存在します。この作業により発見したバグを修正する作業では、修正により別の箇所でバグが発生したりと時間のかかる作業となりがちです。

ローコード開発ではツール上での整合性が守られるため逐一テストが行われます。

整合性の取れない内容は警告が表示されるツールが多く、間違った内容でシステム開発を進めることが少ないです。

Step5. 運用・保守

稼働状態を監視したり、利用ケースに応じたチューニングを行うステップです。

問題が発生したら対処したりすることもあり、システム実装直後は開発会社が担当することが多いです。

ローコード開発の事例3選

ローコード開発ツールを用いた開発事例を3つ紹介していきます!

新型コロナウイルス:STAYSAFE アプリ

STAYSAFEアプリの画面紹介スライド
図 新型コロナウイルス:STAYSAFEアプリ

アメリカ企業の事例で世界展開しているこの企業は、コロナ禍が始まった際、情報展開が迅速にできないことに課題意識を抱えていました。

そこで開発経験のない担当者が体調の診断から関連する社内制度など下記の情報をまとめたアプリをわずか3時間で作成し、課題を解決をしました。

  • 感染防止情報
  • 緊急連絡先確認
  • 質問事項
  • 自己診断機能 etc…

参照:新型コロナウイルス:STAYSAFEアプリ

工程管理アプリ

三重県伊勢市にある有限会社上村工作所では注文書や図面などを紙などで管理していたため情報共有に手間と時間がかかっていました。

作業工程書のデジタル化を行い、紙での配布を停止しました。また工場内の大きなモニターで作業工程を確認できるようにしたため、情報共有が容易になり、コストの削減にもつながった。

参照:工程管理アプリ

生体データ用レポーティングダッシュボード

取得した生体データをクラウド上で格納・管理するレポーティングダッシュボード機能を実装しました。取得したデータをダッシュボード形式で表示を行い、データ取得や解析、集計後のレポート作成などの処理高速化が可能になり、データの可視化を行うことができた。

参照:生体データ用レポーティングダッシュボード

ローコード開発を相談できる開発会社3選

BOLT(株式会社ファンリピート)

「BOLT」は、2019年に創業した株式会社ファンリピートによる国内初のローコード・ノーコードに専用システム開発サービスです。

BOLTの紹介スライド
画像参照:BOLT(株式会社ファンリピート

BOLTは、要件定義からプロジェクトを支援する「上流工程支援」が特徴で、初めてのシステム開発委託でも安心して相談できます。さらに専任コンサルタントの対応により、要件や認識のミスマッチを防ぎます。

公式サイト:https://bolt-dev.net/

株式会社ヘッドウォーターズ

株式会社ヘッドウォーターズの紹介スライド
画像参照:株式会社ヘッドウォーターズ

Microsoft社が提供するローコードツール「Microsoft  Power Platform」を用いたシステム開発をする株式会社ヘッドウォータースは、Microsoftのパートナー認定制度「Goldパートナー」認定を受けており、実績・信頼があります。

公式サイト:https://www.headwaters.co.jp/service/powerplatform.html

BlueMeme(株式会社BlueMeme)

BlueMemeの紹介スライド
画像参照:BlueMeme

ローコードプラットフォームの「OutSystems」を国内で初めて導入し、以降国内のローコード開発市場をけん引したパイオニア企業の株式会社BlueMemeは、歴史と実績のある企業です。

公式サイト:https://www.bluememe.jp/

下記でさらに詳しくおすすめの受託開発会社も紹介しております。ぜひ参考にしてください!

あわせて読みたい
ローコードの受託開発会社おすすめ8選!サービスの特徴ごとに解説! 「ローコード開発を外注したいけどおすすめの開発会社はどこ?」「そもそもローコード開発に特化した受託会社は存在する?」 このような悩みをお持ちではありませんか。...

ノーコードとローコードの違いは?

実はローコードと似たシステムの開発手法として、ノーコード(No -Code)というものもあります。

ローコードとノーコードは列記されて語られることが多いのですが、この2つには下記のような違いがあります。

  • ローコード
    既にある機能を組み立てることに加え、自社で必要になる機能をソースコードを記述することにより外部のソフトウェアと繋げたり、付加的な機能を追加したりとカスタマイズできるもの
  • ノーコード
    ソースコードを一切書くことなく、既にある機能を組み立てるだけで簡単にシステム開発できるもの

ローコードでは基本的なプログラミングスキルは必要にはなるものの、従来の開発手法で必要となるような高い水準までは求められず、開発の自由度があるシステムを開発することができます。

一方のノーコードでは、プログラミングスキルが必要ないため自社の業務に精通している従業員だけでもユーザー目線でスムーズなシステム開発をすることができる一方で、既に用意された機能しか利用できないため、自由度が低いことが特徴です。

ローコード開発ノーコード開発
プログラムスキル基本レベル低レベル
開発自由度
開発速度普通スムーズ
表 ローコード開発とノーコード開発の比較

ローコード開発ツール選びのポイント

ローコード開発には、様々なITベンダーが提供している多数のローコード開発ツールが存在します。

ポイント1. 機能をチェック

開発時間の短縮や費用削減というローコードの持つメリットを最大限に活かすために、自社に必要な機能がより多く揃っているローコード開発ツールを選ぶことが重要です。まず、自社のシステム開発の目的を明確にし、必要となる機能を洗い出します。開発ツールの持つ機能パーツが、自社が必要とする機能を実装することが可能かどうか確認しましょう。

また、既存の機能パーツに機能を追加して拡張する際の自由度や、外部ソフトウェアとの連携機能についても予め調べておく必要があります。

ポイント2. セキュリティーをチェック

ローコード開発においてはシステムのセキュリティ管理はツールに施されているため、自社のセキュリティーポリシーを満たす開発ツールを選ぶ必要もあります。

ポイント3. フォローアップ体制をチェック

ローコード開発では高度なプログラミングスキルが不要になる代わりに、問題が生じたときにそのツールに対する経験や知識が必要となるため、フォローアップ体制のしっかりした開発ツールを選ぶ必要があります。

自社だけで判断が難しい場合には

ローコード開発ツールを選ぶ際にはシステム開発の知識に加え、ローコード開発特有の知識を必要とするケースがあります。自社だけで判断が難しい場合には、ローコード開発ツールに詳しいITコンサルタントや開発会社に相談してみるのも有効な手立てと言えるでしょう。

下記でおすすめのローコード開発ツールを紹介しております。

あわせて読みたい
ローコード開発で業務アプリ制作!おすすめツール7選! 働き方改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進される今、大企業のみならず中小企業でも、業務のシステム化が進んでいます。 システム開発の分野においては...

[まとめ]開発費用の削減や時間短縮にはローコードの活用が効果的

ローコードとは、開発に自由度はありつつも技術的なハードルは低く、既存の機能パーツを組み立ててシステム開発に取り組むことができるため、費用の削減や時間短縮が可能になる点が最大の特徴です。

また、ビジネスニーズの変化に臨機応変に対応していける開発手法であることも大きなメリットの1つです。

  • 開発に掛かる費用と時間を削減したい
  • そうは言っても必要最低限の機能は自社向けにカスタマイズしたい

そのようなご希望をお持ちであれば、一度ローコードを検討してみてはいかがでしょうか。


弊社はノーコード・ローコード開発に特化したシステム開発企業として、新規事業のプロダクト開発から社内業務のシステム化まで幅広い開発実績がありますので、課題の明確化から要件定義、開発支援までトータルでサポートします。

自社にエンジニアがいない場合でも、弊社がお客様の外部開発部門としてシステム開発に関するあらゆる実務に対応可能です。

相談は無料で承っており、むやみな営業電話などは決して行いませんので、お気軽にお問い合わせください。

Power Platformを使用したシステム内製化事例
無料プレゼント中


   

ダウンロード
こちらからお気軽にどうぞ

「煩雑なExcel管理から脱したい」
慣れ親しんだシステムを使って効率化したい
「大規模なシステム開発を行うためにPoCを行いたい」
「社内のDXを進めていきたい」
シェアする

この記事を書いた人

システム開発の窓口は株式会社ファンリピートが運営しています。
当社では、ノーコード・ローコードを用いたDX支援事業や、プロジェクトマネジメント、コンサルティングなど、規模を問わず20社以上の企業のシステム開発のサポートを行っています。要件定義からリリースまではもちろん、システムの保守・改修までトータルにご支援が可能ですので、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

目次